南海1000系
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




トップへ



南海1000系


南海1000系

普通住之江行きに運用の1051F 難波 2009年3月31日


南海1000系

高野線移籍前の1003F 難波 2009年4月3日


南海1000系

住之江競艇のラッピング車1000系 貝塚 2009年4月3日


南海1000系

自由席特急に運用の1000系 難波 2009年4月29日


南海1000系

懐かしのパークスカラー 大阪狭山市 2009年7月5日


南海1000系

難波への送り込み 新今宮 2009年8月11日


南海1000系

主に本線に集結している幅広車 萩ノ茶屋 2009年12月25日


南海1000系

懐かしのパークスカラーU 萩ノ茶屋 2009年12月25日


南海1000系

萩ノ茶屋 2009年12月25日


南海1000系

こちらはミナピタラッピング 滝谷 2010年3月19日


南海1000系

短期間だけのみ存在したラッピング 北野田 2010年10月22日


南海1000系

トップナンバー 橋本 2012年7月15日


南海1000系

狭山 2013年3月30日



概要

関西国際空港開港を控えた1992(平成4)年に南海の新CI戦略のひとつとして登場した通勤型車両である。南海本線・高野線ど共通の設計とした。制御装置は日立製GTO-VVVF装置を採用した。塗装はステンレス車体の上に薄いグレーを塗り、ブルーとオレンジの帯を巻いたもので、これまでにないデザインとなった。車内はバケット式のロングシートと、乗務員室背後を除く、車端部にボックスシートを取り付けた。製造途中で南海本線の建築限界が拡大されたことに伴い、車体幅が拡大された。さらに2001(平成13)年の1051Fからはステンレス無塗装の上に、帯を巻く形となった。また制御装置もIGBT素子になった。現在、南海本線・高野線それぞれで運行中だが、何度か両線で編成のトレードが行われている。



コメント

全体的なデザイン気に入っています。VVVF音もたまりませんね。また車端部のボックスシートは席が空いていれば、座りに行きます。座らないと損した気分になるので…。普段は通学時に各停か、区間急行で乗っていますが、この間の夏に空港急行で乗ったときはとても快適でした。




戻る